チラシの作り方

人がチラシを見た時、それが自分にとって必要なものかどうかを判断する時間は1秒にも満たないといいます。
つまり、チラシは1秒間で相手の心に刺さらなければそのままゴミ箱に行ってしまうのです。
無駄にならないためのチラシの作り方をちょっぴりお教えしましょう。

1:着地点を考える(チラシの目的・使い方を考える)

まずチラシの目的を考えましょう。
「お客さんを増やすのが目的でしょ?」と思う人もいるかもしれませんが、最終目的によってチラシのコピーやレイアウト、印刷部数、配布方法などが変わってきます。
【チラシの着地点の決め方】

2:誰に配るかを決める(ターゲットを決める)

誰に配るかをより細かく決める事で、よりチラシの効果を高めることができます。
「セミナーだから経営者の人かサラリーマンかな」「美容商品だからちょっと年齢の行った女性かな」
くらいでもまあいいのですが、できればもう一歩踏み込んで細かい人物像を想像することで、より明確な宣伝文句が生まれます。
【より細かいターゲット設定の方法】

3:配る相手に効果の高そうなコピーを考える

ターゲットが決まったら、そのターゲットに合わせたコピー(宣伝文句)を考えていきましょう。
大切なのは「絞り込んだターゲットに響きやすく、目的が明確であること」です。
1、2で目的とターゲットが具体的に決まっていれば、コピーも比較的決めやすくなります。
チラシで一番重要な部分はこのコピーの部分です。
【刺さるキャッチコピーの作り方】
【リード文の書き方】
【一番大切なタイトル決め】
【特定ターゲットに刺さる言葉のヒント集】

効果の高いチラシのデザインを考える(レイアウト)

1秒で相手の心に飛び込むためにはレイアウトが重要になってきます。
文字の大きさや配置、読みやすさなど、細かな調整が必要です。
ヘルプリのテンプレートでは受け取る人の心に刺さりやすく読みやすいレイアウトを組み込み済みです。

校正・入稿

原稿をはめ込み調整された原稿が帰ってきたら、文字が間違っていないか校正を行います。
印刷してしまうと間違いが直せないので、複数の人で確認し合いましょう。
【校正の行い方】

全部OKなら印刷用PDFデータを納品いたします。
各印刷会社の支持に従って入稿してください。