チラシへの顔出しについて

こんにちは、チラシブログの五目です。
今日はチラシに顔を出したほうが良いのかどうかについてです。
結論だけ先にいうと…出したほうが良いです。

顔出しすると反応が良くなるのは?

チラシに顔出しするのは抵抗があるかもしれませんが、顔出ししたほうが圧倒的に反応が良くなります。
顔出しは、新規のお客様よりも既存のお客様の方に有効なので、ダイレクトメールを既存のリストに送るときには、特に有効的です。
不安の解消、親近感を持って頂けるなどの効果があります。
既存のお客様の場合は、顔見知りの人が乗っているとちょっとうれしくなってDMでも保存率が高くなるみたいです。

不正をしないというシグナル

顔を出していると、万が一不正なことをしたら、顔の出ている人やその家族は、バッシングを受けてしまいます。
そういうある意味「リスク」を背負って顔を出しているからこそ、顔出しチラシは「そんなことはしない会社だろう」と受け止められることが多いです。
もちろんそういう意味で、不正を行わない、製品への責任はしっかりするということが大前提になってきますが…。

顔写真を載せるだけでは、まだ足りません

写真で重要なのは清潔感。
嘘でも良いので(ダメですが)チラシに載る写真の清潔感は意識しましょう。
特に女性は清潔感を重視しますからターゲットが女性であれば、最重要視しましょう。
見た人がどんなイメージを持つか、考える必要があります。
例えばターゲットが温かみのあるもの、安心感のある商品であれば、顔出しはいかつい顔の社長でなく、パートのおばちゃんがいいかもしれません。
ターゲットが若い男性であれば若い女性が載っている方がより見られる確立が高くなりそうです。
逆に商品がかっちりしたビジネス向けの商品であれば、年配の男性経営者の写真が信頼感があって良いかもしれません。
ターゲットにどんな写真が響くかをしっかり考えて顔出ししましょう。