集客戦略

集客を目的としたチラシ戦略

売りたい商品だけを掲載していないか?

「たくさんの商品情報を掲載しているのに、お客様に来てもらえないのは
どうしてだろう?」と首をかしげることはありませんか?
お店側からすれば、思わず来店したくなるチラシにしたはずなのに…。
こんな時に注意したいのは、そのチラシが『お店側から見た「売りたい商品」ばかりなのではないか』ということです。

魅力のあるチラシとは?

魅力のあるチラシは、比較的よく購入するもので、普段より格段のお買い得感が持てるような価格の商品が載っているか、
つまり、「集客商品」をきちんと掲載しているかどうかがカギです。
「集客商品」には「高単価で購入頻度の低い商品」、「低単価で購入頻度の高い商品」のどちらかが良いです(スーパーだとたまごやパンなどがコレです)。
これらの商品にオトクな価格を設定し、集客商品とするのです。

「集客」か「販売」か?

販売促進を行う際、「集客」と「販売」のどちらを目的とするかを明確にしないと中途半端な結果になります。
主にチラシでの販売戦略は、「集客数アップ」を目的としたものが良いでしょう。
集客を集めた後に店舗のPOPやセールストークで売りたいものに目を向けるのが王道です。
チラシにお店側が売りたい商品を中心に掲載しては、来店率を大きく下げてしまいます。
まずは「集める」ことが重要なのです。