チラシレイアウト

チラシレイアウトを考える

重要な事は3つあります

まずは見やすさ

チラシを見るさいの、お客様の目線は左上からZ型に
移っていきます。よって、チラシの四隅に魅力のある
商品を配置するのが基本と言われています。
左上には目玉商品、右上には定番商品、左下にはもっとも
強い一番商品、右下には高めのおすすめ商品とするのが
原則とされています。

次はアイテム数

企画タイプに分類すると、定番型がB4サイズの裏表で
150アイテムが目安です。
定期的に行う売り尽くし型が100アイテム、メッセージ中心型が
70アイテムが目安になります。
多すぎても見にくくて、読んでもらえず、少なすぎると迫力が
なくなります。

最後に予算に合わせて

部門ごとの売上目標に応じたスペースを配分します。予算の大きい
部門を大きくスペースを配分し、売れる商品を伸ばす方法で
レイアウトを作っていきます。
この3つを考えながら配置するのが基本ですが、レイアウトは頻繁に
変えるのは、分かりにくくなるので避けるべきです。