チラシの企画内容

こんにちは、チラシブログの五目です。
チラシを初めて作る、という方も多いかもしれません。
そんな方のために初めてのチラシ企画のための簡単なステップをご紹介しましょう。

売上見込に沿った予算設定を

チラシの企画内容を決めるには、まず予算ありきです。
その前にはいくらの売上を目指すのかを決めることが大事です。
そしてそれに伴ったチラシの予算を決めなくてはいけません。
たとえば一般的なテンポでキャンペーンチラシを打つのであれば、チラシ配布期間の売上は通常の1、2倍以上を目指したいものです。
そしてチラシコスト(配布コストも忘れずに!)は粗利益額の10~15%以内に抑える。
…とあくまでこれはほんの一例で、実際のお店の実情に沿わせないといけませんが、まずは予算をしっかり立てましょう。

綿密な商品企画が重要

どの商品を中心に売っていくかを検討し、セール期間中の商品企画を決めます。※こちらを予算設定と同時にすることも多いです。
その時期に売れる商品、自店の一番商品、昨年同時期の売上などを考え、売上目標、販売個数など具体的に決め詳細を詰めていきます。
チラシのセール期間は動く商品数が多くなりますので、曖昧だとロスが出る確率が高くなります。

チラシでの表現方法を決める

チラシで何を打ち出すのかを決めます。
もし一番のウリを価格にするのであれば、セール価格の安さと価値の高さのギャップがしっかりと伝わる表現を作ります。
肝心なのは『セールの内容がチラシに伴っていること』です。
チラシで格安大売り出しを歌っているのに実際の価格はそれほどでもない…ではがっかりです。
実はセール内容が一番大切であって、チラシはあくまでそれを告知するものなのです。