チラシを初めて作る:1 チラシを作る前にする事は何?

こんにちは!
新しくブログの担当になりましたチラシの裏たん略してウラたんです!

さてさて、新年度になりましてチラシを作る機会が出てきた方もいると思います。
新年度のセールでチラシを作る方、新規事業であたらしくチラシを広告媒体として検討している方、中には新人さんで先輩からいきなり「お前チラシ担当ナー」といわれた方もいるかもしれません。
今回からそんなチラシ初心者に向けて「チラシを初めて作る人のために」という話を連続で書いていきたいと思います。

チラシ作りの流れ

自分で作るにしてもデザイン業者にお願いするにしても、チラシを作る前にはいくつかやることがあります。
きちんとやっていくと、大きく分けて6つのステップになります。


■ステップ1
自社の商品をメリットを中心に分析。どんな客層にウケているのかを調べます。


■ステップ2
分析をもとに、売上を伸ばすためのセールの企画を行い、チラシの使い方を考えます。


■ステップ3
セールでの売上予測をもとにチラシの予算を組み、チラシのプランを練ります。

■ステップ4
セールの企画をもとにターゲット層に刺さりやすくチラシをデザインします。

■ステップ5
チラシを実際に配布します。チラシの効果があったか確かめる仕組みは必須です。

■ステップ6 ※超大事!!
配ったチラシの効果を測定し、次回のチラシのためにデータ化します。

結果の出るチラシのためには準備が不可欠です!

どうでしたか?
いきなりパワーポイントのテンプレートをダウンロードしてチラシを作ろうとしていませんでしたか?
ステップ6でも書いたように、基本的にチラシは1回撒いて結果をもとに改善をして、の繰り返しなので、とりあえず作って撒くという考えもアリッチャありです。
が、やっぱり作るのにも撒くのにもコストがかかるので、できれば最初からある程度の準備をしておいたほうが良いですね。
事前の商品分析やターゲットの予測によって、効果測定の分析精度も変わってくるので、次回からチラシを制作する時はこのステップに沿って作ってみてくださいね。

じゃあ具体的に商品分析ってどうやればいいのよ、デザインはどうやって作れば良いのよっていう事になってきますよね…。
次回からワンステップづつ更新していきたいと思います!

チラシを初めて作る人のために